複雑な流れを

日本で美容整形が受け入れられるようになるのは、1956年のことです。
この前年には、スウェーデンのストックホルムで、国際形成外科学会の第一回会合が開かれています。
東京大学病院の整形外科内に形成外科として開設されることになるのです。
1958年には、日本整形外科学会が誕生することとなり、日本でも本格的に美容整形が進められるようになっていきました。
その10年後に、やっと正式に美容外科が認められるようになり、名前が出るようになったのです。

実際に美容整形が行われるようになってくるのは、昭和の初期からでした。
ヨーロッパの技術を活用し、それぞれの部位の専門医師が、手術を行った記録があります。
このころは、一般の町医者が美容整形をしていたことがわかっており、独自に研究をしながら、美への欲求を満たしていったといっていいでしょう。
それだけに、日本では体系化するのが遅れてしまい、混乱もきたしていくことになるのです。

美ということを求めていくことになるわけですが、美容整形と形成外科という流れが生まれていってしまうのも、町医者が美容整形をしていたことと無関係ではありません。
これが現在でも、病院内に属しているのが形成外科で、独立して開業している美容外科の流れとなっていったのです。
複雑な歴史の中で切磋琢磨していくことにはなりますが、それだけ発展していったのは、皮肉な話でもあったといえるでしょう。